草木染めとは【おすすめカットソーやメリット・デメリットも紹介】

1. はじめに

こんにちは。

ピーコンポでミセス世代向けの婦人服通販サイトを運営している笹木です。

ピーコンポでは、1987年の創業以来、こだわりをもって、上質なレディースカットソー・チュニックを作り続けてきました。

「生地」「パターン」「裁断・縫製」のこだわりについてみる

今回は、環境に優しいことから関心が高まってきた「草木染め」の特徴について解説していきます。

ピーコンポの草木染め商品も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

2. 草木染めとは?【定義と特徴を紹介】

定義:伝統的な染色方法の1つとして知られる草木染め(草木染)とは、さくらなどの植物や梅などの果実を煮出してつくった染液に、コットンやウールなど天然素材の糸や布などの材料を入れて染めること
※一部の草木では、煮出さずに染めるものもあります。

特徴:自然の染料を使うため環境に優しい(サスティナブル社会の実現)。自然由来のナチュラルな色合いや経年による色の変化を楽しめる。

3. 草木染めのメリットとデメリットを紹介

メリット:同じ植物でも抽出する季節によって色が異なる(旬がある)。1点ものなので人とかぶらない。独特の風合いを楽しめる。

デメリット:化学染料より製造に手間がかかるため、値段が高い。日光や摩擦に弱い(また染め直すことは可能)。色移りしやすい。

4. ピーコンポの草木染め

ピーコンポの草木染めは、糸染めや生地染めではなく、植物から抽出した天然染料を使って製品を染める「製品染め」で制作しています。

製品染めの特徴として柔らかいナチュラルな風合いや、色の濃淡に微妙な変化が出るので1点ものとして楽しめることなどがあります。

またピーコンポでは、少量の化学染料を配合させることで、草木染めのデメリットである製品の色落ちを防ぎ、耐久性や安定感を保つようにしています。

5. 草木染めを使った人気商品ランキング2選

草木染めのおすすめ商品を、ピーコンポスタッフがランキング形式で紹介します。

第1位 草木染め ケーブル柄カットソー

秋冬向けのカットソーです。ベースの素材として、ニットのようなデザインのケーブル柄の生地を使用しています。伸縮性に優れた暖かみのある素材です。

価格:¥10,780(税込)

カラー展開:アイボリー(梨染)、サックス(パンジー染)、レッド(モミジ染・モデル着用)、ネイビー(ブラックベリー染)

サイズ:Mサイズ

  • 身幅:86cm
  • 身丈:57cm


Lサイズ

  • 身幅:92cm
  • 身丈:58cm


気になった人はこちらから購入できます。

第2位 サクラ染め ストライプカットソー



春夏向けのカットソーです。サクラの花びら・枝・葉からそれぞれ抽出した染料を使用しています。生地の素材はさらっとした肌触りの綿をベースとしており、薄いストライプ柄を施しています。

価格:¥9,790(税込)

カラー展開:シルバーグレー(花びら染)、ピンク(モデル着用・花びら染)、ミント(葉染)、ベージュ(枝染)

サイズ:フリーサイズ

  • 身幅:97cm
  • 身丈:58.5cm


気になった人はこちらから購入できます。


ピーコンポでは、全品送料無料でお届けしています。

ぜひ、ピーコンポの商品をファッションコーデに取り入れていただければ嬉しいです!

操作方法がわからない場合は、お電話での注文も承っております。

詳しくはご購入ガイドをご覧くださいませ。

6. おわりに

今回は、草木染めについて解説いたしました。

常に身につけている洋服。

より自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

ピーコンポ商品一覧を見てみる

==

 

公式インスタグラム本記事の解説動画もアップしているのでぜひご覧ください。

  

この記事を読んだ人には、以下の記事もおすすめ

こだわりの織り方ジャガード生地とは【プリント生地との違いも解説】