こだわりの織り方ジャガード生地とは【プリント生地との違いも解説】

1. はじめに

こんにちは。

ピーコンポでミセス世代向けの婦人服通販サイトを運営している笹木です。

ピーコンポでは、1987年の創業以来、「生地」「パターン」「裁断・縫製」の3つの要素にこだわりをもって、上質なレディースカットソーを作り続けてきました。

「生地」「パターン」「裁断・縫製」のこだわりについてみる

今回は、生地のなかでも「ジャガード(正式名はジャカード)」という織り方で出来た生地について解説していきます。

立体的で上品なジャガード生地を用いた洋服は、ピーコンポでも大人気シリーズの1つです。

ジャガード生地でできたおすすめの商品も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

2. ジャガード生地とは

ジャガードは聞いたことがあるが、意味は知らないという人も多いのではないのでしょうか。

ジャガード生地は、色や素材の異なる糸を組み合わせ、編み機にプログラムを読み込ませて作製した織物のことです。


つまり生地が完成する段階で、デザインが織り込まれています。

(ちなみに、ジャガード生地は、洋服だけでなく、カーテンやタオルなどにも使用されています。)


2.2 プリント生地との違いは?それぞれのメリット・デメリットも紹介

プリント生地はもともと柄のない生地に、上から柄を載せて出来ています。

柄の出し方が全く異なるジャガード生地とプリント生地。

それぞれのメリット・デメリットも紹介します。

ジャガード生地のメリット:色あせ・色落ちの心配がない点。

ジャガード生地のデメリット:専用の編み機が必要だったりと、手間とコストがかかる点。使える色の数に制限がある点。

プリント生地のメリット:複雑で細かい柄を表現できる点。コストが低いので比較的低価格に抑えられる点。

プリント生地のデメリット:洗濯等で色あせ・色落ちしてしまう点。

ピーコンポでは、特徴やお客様の好みに合わせて、ジャガード生地とプリント生地どちらも販売しています。


3. こだわりのジャガード生地を使った人気商品ランキング3選

ジャガード織りが活きている洋服を、ピーコンポスタッフがランキング形式で紹介します。

第1位【ベストバイ】 花柄 綿麻カットソー



サークル柄に近い花柄を、ジャガードで表現しました。シワ加工も組み合わせることで、単色でも存在感のあるカットソーになっています。

価格:¥10,780(税込)

カラー展開:アイボリー、シルバーグレー、レッド、ブルー(モデル着用)、ネイビー

サイズ:フリーサイズ

身幅:92cm

身丈:58cm

気になった人はこちらから購入できます。

第2位 メッシュ加工 綿麻ボーダーチュニック



ジャガードの中でも春夏に適したメッシュ加工を、V字に施したチュニックです。パネルボーダー柄と組み合わせることで、バランスの良いデザインに仕上がっています。

価格:¥14,300(税込)

カラー展開:ベージュ、ネイビー(モデル着用)

サイズ:フリーサイズ

身幅:105cm

身丈:70cm

気になった人はこちらから購入できます。

第3位 パネル綿ジャガードカットソー



チェックとボーダーをジャガードで表現し、地柄の良さを最大限に引き出した特徴的なカットソーです。単色なので派手になりすぎず、1枚でも着れて、さらにコーディネートも楽しめるアイテムです。

価格:¥13,200(税込)

カラー展開:シルバーグレー(モデル着用)、ネイビー

サイズ:フリーサイズ

身幅:94cm

身丈:59.5cm

気になった人はこちらから購入できます。


ピーコンポでは、全品送料無料でお届けしています。

ぜひ1着からでも手にとっていただければ嬉しいです!

操作方法がわからない場合は、お電話での注文も承っております。

詳しくはご購入ガイドをご覧くださいませ。


4. おわりに

今回は、良い婦人服作りに欠かせない「生地」の中でも「ジャガード生地」について解説いたしました。

常に身につけている洋服。

より自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

2021年春夏セール商品を見てみる

==

 

公式インスタグラム本記事の解説動画もアップしているのでぜひご覧ください。

 

 

この記事を読んだ人には、以下の記事もおすすめ

コットンリネン(綿麻)生地とは?【さらっと着れて夏におすすめ】